« 何気ない話から読み取る男の心理 | トップページ | 目から読み取る男の心理 »

2010年9月 1日 (水)

表情から読み取る男の心理

色々な顔の表情から相手の心理を分析する

顔は心の色合いを写す鏡といいます。

普段の会話と同時に、相手の表情をよく観察することで、今まで気付かなかった相手の本質が見えてくることがあります。

たとえば、相手が笑顔を魅せているからといって、それがあなたを受け入れているサインとはかぎらない場合があります。

微妙に変化する表情をうまく読み取って、相手の心理が少しでもわかるようになれば、無駄なスレ違いも少なくなるはずです。

それでは、実際にいくつかのケースを見ていきたいと思います。

●微笑んでいても相づちを打たない人の心理

会話の最中、顔は微笑んでいても相づちを打たない人は、その相手に関心がない場合が多いです。相手に興味があり、その人の話が面白ければ、人は自然に相づちを打つのが普通だからです。

しかし、興味がない相手との会話では、こういった反応がしづらくなります。それは内心では、さっさとこの場を立ち去りたいという拒絶の気持ちが強く働いているからです。

こういった場合に人間は、露骨に嫌な顔をして相手に不快感を与えることを避けるため、仕方なくつくり笑いをしたり、微笑だけでもつくってその場をしのぐことを考えます。もし、会話の最中にこんなサインを相手が見せたら、それ以上は深入りしない方が賢明です。

なぜなら、現時点では相手はあなたにまったく興味がないからです。こういう相手には、時間をかけてコミュニケーションを取ることをオススメします。その方がお互いによい関係を築ける可能性が高くなります。

●アゴをよく触ったり撫でたりする人の心理

男性がアゴの髭のあたりを触りだしたり、無性に手を添えたりするときは、その人は何かやましいことを考えているか、下心がある可能性が高いと言えます。こういった場合、相手は内心で本心を悟られないかビクビクしているものです。

しかし、ストレートにそういった本音の部分を表情や態度に出すわけにもいきません。そんな葛藤がその人の平常心を奪ったとき、アゴの髭を触りだしたり無性に手を添えたりすることが多くなるのです。

こういう男性が、あなたに優しい言葉をかけてきたとしても、それはあまり信用しない方が無難です。ほとんどの場合、あなたのカラダ目的か、自分の利益になることしか、その男性の頭の中にはないと思います。

しかし、早い段階でその本性に気が付きさえすれば、こちらとしては逆にあつかいやすいタイプであるとも言えます。

●何かと見下すような表情をする人の心理

相手を見下すような表情をする人は、相手よりも優位に立ちたいという気持ちが強い人です。こういう人は、それを周囲に悟られないように、外見だけでも優位に立とうと強制を張ることが多いのが特徴です。

しかし、内心では自分に自信がないことを誰よりも本人が理解しています。本質は気が小さく、おとなしい人が多いのです。このため、あなたが相手の本質を見抜いたようなことを軽はずみに言うと、こういう人は深く傷ついて立ち直れなくなる可能性があります。

したがって、こちらが少し利口になって相手の短所を避け長所を見てあげるように接すれば、コミュニケーションも円滑に取れるようになるはずです。もともとこのタイプの人は、ちょっと見栄っ張りなだけで悪い人ではありません。長い目で見れば、優しい一面もたくさんもっている人だと言えます。

●会話の最中に頭を傾けている人の心理

会話の最中、頭がどう動くかでその人の興味度を知ることができます。

ほどんどの人は、自分が興味があるものには正面に頭を向けるものです。これは興味があるものに対して脳が活発に働き、少しでも多くの情報を吸収して記憶を定着させようとするからである。

しかし、興味がないものに対しては脳の反応は逆に鈍くなります。

これは、少しでも頭の中で情報を整理しやすくするために、無駄な情報の入力を脳が拒絶するからです。こういった場合、人間はよそみをしたり下を向いたりして、その対象から顔を背けようとします。

しかし、この対照が人間である場合、あからさまにこういった態度を取るのは失礼です。そこで無意識のうちに、顔ではなく左右に頭を傾けていまうのです。

会話の最中に、相手がこういった表情をみせたら、相手はその話にかなり退屈していると考えて間違いありません。

●会話の最中に笑顔から真顔に変わる人の心理

楽しいはずの会話をしていたはずなのに、突然、真顔に戻る人がいます。これは、あなたに対する無言の抗議の意味が強いと考えられます。

何が原因かはわかりませんが、相手があなたの言葉を不愉快に思っていることに違いはありません。

しかし、心の中でそうは思ってもその話がつまらないとか、話題を変えようとは相手も言いにくいものです。そこで、今までの笑顔を取り消して真顔に戻ることで、あなたにささやかな抗議をしているのだと考えられます。

またこの場合、相手は意識的にこうした表情をつくることが多く、今の不愉快な気持ちをあなたに理解してもらいたいと思っている可能性が極めて高いです。

したがって、あなたに否があることが明らかになったときには、その場でちゃんと謝罪をして相手に誠意を見せることで、お互いの関係に亀裂が生じることも少なくなるはずです。

●何を話してもあまり表情を変えない人の心理

無表情の人は、一見すると喜怒哀楽に乏しい人のように感じますが一概にそうとは言えません。逆にそういう人ほど、その強い感情を外に表さないように、あえて無表情を装うことがあります。

それどころか、案外こういう人ほどハートも熱く、情熱的であることが多いものです。

しかし、このタイプの人は長い自己訓練を得て自分をコントロールする術を身に付けているため、なかなか自分の感情を顕わにしません。ですから、初対面で一度だけ会っただけでは、冷静で感情希薄な人だと勘違いされることもよくあります。

本質的には、感情と理性のバランスがよく取れていて仕事もできる人間なのですが、合コンやパーティーなど初対面の人が多く集まる場所では、必ずといっていいほど誤解されることが多いタイプです。

今回のトピックはここまでですが、どうですか?参考になりましたか?

人間の表情は、とくに会話の最中に変化することが多いので、よくみていると相手のいろいろな心理状態がわかりますよ。

また、表情は人間の心の一面がよくでる部分なので、心理分析がしやすい場所でもあります。

« 何気ない話から読み取る男の心理 | トップページ | 目から読み取る男の心理 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406525/36480101

この記事へのトラックバック一覧です: 表情から読み取る男の心理:

« 何気ない話から読み取る男の心理 | トップページ | 目から読み取る男の心理 »