« ほのかな香りで彼を振り向かせる | トップページ | 男が優先する順位 »

2010年9月 1日 (水)

歯は男のチェックが厳しい場所

白い歯は小悪魔の絶対条件

人間の顔の中で、とくに目が行きやすいのが口元。

会話の最中は、口元はどうしても動かさなければいけない部分だし、相手が意識していなくても自然と視界にはいります。

その中でも歯は、男性のチェックが最も厳しい部分。

こちらもそれがわかっているから、タバコで変色した歯や、虫歯で治療した歯があるとどうしても気になります。

奥歯に少しだけ虫歯の治療跡が残っている程度ならまだしも、神経を抜いて前歯が変色していたり、歯の大部分を削って銀歯状態になっていたりすると、大きな口を開けて笑うのにも抵抗がありますよね。また、とくに目立つ前歯の部分が激しい変色をしていたり、前歯の一部が銀歯になっている状態では、普通に会話をすることですら苦痛に感じる人もいるかと思います。

でも、簡単に希望を捨てないでくださいね。

もしそうでも、現在ではその人の歯にあった適切な治療方法や、歯の美容整形がちゃんとあるのですから。大抵の人は、これらの方法によって、白く輝く美しい歯を手に入れることができるはずです。

それでは早速、その方法を紹介します。

◇クリーニング(PMTC)

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、クリニックでおこなう歯の清掃のことです。

PMTCは、特別な清掃器具と薬剤を使って歯をキレイにします。主に、お茶の色素、コーヒー、タバコのヤニ、歯垢を取り除くのに効果があります。もともと歯がキレイだった人が、歯垢や着色によって歯が汚れてしまった場合には、これだけでも元の白いキレイな歯に戻ります。

ただし、1~3ヶ月に一度は、定期的に再度PMTCによるメンテナンスが必要です。

◇ホワイトニング

ホワイトニングは、クリニックでおこなうオフィスホワイトニングと、自宅でおこなうホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは、ジェル状の薬剤を歯の表面に塗布し、可視光線を30分程度照射することによって、短時間で歯を白くします。

また、ホームホワイトニングは、クリニックで作成したマウスピースの中にジェル状の薬剤を入れ、口の中にはめて1~2時間放置する作業を2週間程度続けることで歯を白くします。

現在、ホワイトニングで最も効果的な方法は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用です。オフィスホワイトニングで一気に短時間で白くなった歯を、ホームホワイトニングでさらに白くし、長期間安定させます。

最近では、ホームホワイトニングで使用するマウスピースは、無色透明で1ミリ程度の薄さになっており、見た目もわからず会話も十分可能です。

◇ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の著しい変色、プラスチックの詰め物の変色を半永久的に治したいとき、また、矮小歯、すきっ歯などの形態を治したいときに行う治療法です。

また、歯を白くするだけでなくセラミックのシェルの形状や大きさを調整することで、気になっている歯の形や、歯並びを修正することが可能です。

ラミネートベニアに使われる材質はセラミックなので、歯茎にもやさしいうえ、汚れが付きにくく、変色する心配もありません。

◇セラミックインレー

セラミンクインレーは、小さな虫歯の治療で削った穴の中に、セラミックでできた人工材料の詰め物を被せる治療方法です。

以前は、歯を削った穴の中には、金属(パラジウムや金)を使った詰め物を被せる治療が一般的でしたが、最近では見た目の美しさを高めるため、セラミックを使った詰め物が多用されるようになりました。セラミックだと金属とは違って、自分の歯の色と同じ色に詰め物の色を合わせることができます。

このため、口を大きく開けても詰め物が入っているようには見えませんし、より美しく自然な口元を再現することが可能です。

セラミックインレーは、一部の歯(主に奥歯)に金属の詰め物が被せてあって、その部分を白く自然な歯にしたい人にオススメの治療法です。

◇セラミッククラウン

セラミッククラウンは、ホワイトニングやラミネートベニアを使用しても、白い歯にできないほど歯が著しく変色していたり、虫歯の治療で大きな穴が開いてしまったり、神経を取り除いてしまった場合に行われる治療法です。

セラミックインレーの場合は、小さな虫歯治療で削った穴を塞ぐために、セラミックの詰め物を被せました。これに対してセラミッククラウンは、歯の外周全体を削って歯型を採ったあとに、精密に作製されたセラミックの被せ物を接着剤でつけます。

セラミックインレーと同様、見た目にはわかりませんし、美しい口元を再現できます。また、セラミッククラウンは、セラミックの形状や大きさを自由に調整できるので、歯並びをキレイにする目的でも使用されます。

セラミッククラウンは、一部の歯がメタルクラウン(銀歯)で、その部分を白く自然な歯にしたい人にもオススメの治療法です。

◇オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、金属をまったく使用しないメタルフリーの被せ物です。

セラミッククラウンでは、被せ物の内面や裏側の一部分は金属が使われますが、オールセラミッククラウンでは、そういった金属は一切使用しません。神経を取った場合の人工土台にも金属を使用せず、白いグラスファイバーとセラミックを使用します。金属を使用しないためセラミッククラウンよりも美しく自然な仕上がります。

オールセラミッククラウンは、より見た目の美しさを求められる前歯の治療に使われることが多く、あまり目立たない奥歯には通常のセラミッククラウンが使用されます。

セラミッククラウンは、一部の前歯が著しく変色していて、その部分を白く自然な歯にしたい人にもオススメの治療法です。

◇歯茎のエステとホワイトニング

歯茎の形状が不揃いであったり、笑ったときに歯茎がたくさん見えて困る場合には、歯肉整形術という歯の美容整形を行います。

治療後は歯茎のラインがキレイに揃うため、笑顔の印象が大きく変わり、知的で爽やかな印象の表情に生まれ変わります。また、歯茎の色がくすんでいる場合には、歯茎のホワイトニングを行います。

歯茎のホワイトニングを行うと、数日で黒っぽい色素が沈着した上皮がはがれて美しくキレイな歯茎になります。

« ほのかな香りで彼を振り向かせる | トップページ | 男が優先する順位 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406525/36479370

この記事へのトラックバック一覧です: 歯は男のチェックが厳しい場所:

« ほのかな香りで彼を振り向かせる | トップページ | 男が優先する順位 »