« 恋愛はシンプルに考えた方が上手くいく | トップページ | エッチの安売りは女の価値を下げる »

2010年9月 1日 (水)

楽しむ恋愛と勝つための恋愛は違う

自分にあった恋の方法を見つけよう

恋愛はよくギャンブルやゲームに例えられます。楽しむためにするのか、勝つためにするのか、その方法はふたつあります。

まず、楽しむための恋愛は、ギャンブルによく似ています。自分がしたいときに告白し、好きなように振る舞う恋愛です。

このような恋愛の方法は、あまり細かいことは気にせず、恋を思いっきり楽しむことができまが、その反面、勝つときもあるし、負けるときもある、そんな半ば運任せの恋愛になりがちです。

それでは、勝つための恋愛はどうでしょう。

この恋愛の特徴は、勝つための戦略があるということです。勝負に出たいときがあっても、じっとタイミングをはかり、チャンスを待ちます。もちろん常に勝利するとは限りませんし、しばらく負けが続くこともあります。

しかし、きちんと戦略を持った恋愛は、ギャンブルとは違い最終的には勝てるようになります。なぜなら、そこには勝つために計算された恋の駆け引きがあるからです。

さて、あなたはどちらのタイプの恋愛がしたいですか?

楽しむ恋愛ですか?それとも、勝つための恋愛ですか?

楽しむ恋愛、勝つための恋愛、どちらにも一長一短があります。

自分の気持ちに正直に行動したい人、駆け引きが苦手な人は、勝ち負けよりも恋を楽しんだ方が素敵な恋愛ができるタイプかもしれません。

また、どうしても手に入れたい男性がいる人、その男性しか好きになれない人は、楽しむ恋よりも勝つための恋を選択した方がよいのかもしれません。

いずれにしても、自分の恋愛観、性格などを考慮しながら、今の自分にあった無理のない恋愛方法をみつけてみましょう。地味な作業ですが。自分が納得いく恋をするうえで、非常に有効な手段となるはずです。

最後に、私からひとつだけアドバイスがあります。

それは、楽しむ恋愛、勝つための恋愛、いずれを選択したとしても、見込みのない恋には素早く見切りをつけた方がよいと言うことです。

見込みのない恋に執拗にしがみついたところで、勝算はきわめて少ないのが普通です。チャンスの少ない恋には素早く見切りをつけて、素早く次の恋を探しに行きましょう。可能性の少ない恋にエネルギーを注いでも疲れるだけです。

それより、いいなと思う男性をたくさんつくり、その中から自分を好きになってくれる男性を探した方が絶対に得です。実際、この方が痛みが少なく、効率もよいですし、チャンスも訪れやすくなります。

なにも、自ら苦しい恋を選ぶ必要なんてありません。それは、楽しむ恋愛、勝つための恋愛、どちらを選んだとしても同じことです。

« 恋愛はシンプルに考えた方が上手くいく | トップページ | エッチの安売りは女の価値を下げる »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406525/36478723

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しむ恋愛と勝つための恋愛は違う:

« 恋愛はシンプルに考えた方が上手くいく | トップページ | エッチの安売りは女の価値を下げる »