« 写真の写り方かた読み取る男の心理 | トップページ | 何気ない話から読み取る男の心理 »

2010年9月 1日 (水)

何気ない言葉から読み取る男の心理

普段の言葉づかいから相手の心理を分析する

心理学では言葉による情報伝達の割合は、わずか7%だと言われています。その他は、声のトーン(抑揚)が38%、ボディーランゲージ(身振り、姿勢、表情など)が55%を占めています。

つまり、聞く側の立場に立てば、言葉だけを聴いていては大事な情報を見逃してしまうことになります。むしろ、言葉以外のその他の部分に注意を向けなければ、相手の本質を見抜くことはできないのです。

しかし、わずか7%の言葉にも、ときおり相手の本質が見え隠れすることがあります。したがって、声のトーン、ボディーランゲージなどと合わせて分析することで、相手の心理をより細かく把握することが可能になります。

それでは、実際にいくつかのケースを見ていきたいと思います。

●敬語を過剰に使う人の心理

敬語は生々しい感情を隠す役割があります。

したがって、怒りでムラムラとした感情を抑えるときなど、人はそれを隠すためにあえて敬語を使うことがあります。

激しい感情を持つ人が、その感情を隠すためにあえて敬語を使うことはよくあることです。言葉だけで見分けるのは難しいですが、普段、丁寧な敬語で話をするからといって、その人の性格まで本当に紳士であるという保証はありません。

もしかしたら、マイナスの感情が潜んでいるかもしれないのです。

●難しい言葉やカタカナ語をよく使う人の心理

私たち日本人には、難しい言葉やカタカナ語がなんとなくカッコイイという感覚があります。

あまり多用されると非常にわかりずらい言葉になるのですが、こういう人たちは少しでも自分を大きく見せたくてしょうがないのです。言い換えれば、時代に乗り遅れたくないというコンプレックスの裏返しであるともいえるでしょう。常に自分を最先端の人間であるかのように偽装せずにはいられないわけですね。

「勝ち組」、「負け組み」などの言葉にこだわるのもこのタイプの人で、最新のビジネス用語や、携帯電話、パソコンなど、常に新しいものを追い求める傾向があります。

●大げさな表現が多い人の心理

大げさな表現を多用する人は、自分の感情を抑制するのが苦手な人だと思って間違いありません。

合コンなど初対面の人が多く集まる所では、こういうテンションの高い人がいるとその場が盛り上がる効果があります。

しかし、第一印象はよくても、実際に交際を始めてみたら、独りよがりで、人の話を聞かないというようなマイナス面が目立つのもこのタイプの人です。

一概には言えませんが、できれば少し距離を置いて付き合う方がよいのかもしれません。

●やたらと付加疑問をつける人の心理

付加疑問を多用する人は、他人に対する依存心が高い人だといえます。何かというと相手に、「これって、どうかな?」などと確認し、客観的なGOサインがでないと、自分を正当化することができない人です。

こういう人と会話をするときには、あからさまに否定をしてはいけません。まちがっても、「私は違うと思うわ!」などとあからさまに否定してしまうと、無用の反発を受けることになります。

ここはあなたが大人になって、「あなたの判断は正しいと思うけど慎重にね」という具合に、婉曲に表現した方が、あなたの真意を汲み取ってもらいやすくなります。まぁ、早い話が、人に自分の背中を押してもらわないとダメな人だということです。

●相手を名前で呼ぶ人の心理

相手を名前で呼ぶのは、お互いの心理的距離を縮め、より親しくなりたいという心理のあらわれだといえます。

しかし、相手を名前で呼ぶといってもバリエーションが豊富で一概に判断するのが難しい面があります。そこで、比較的わかりやすい学校の同級生や、社内の同期の人で考えてみたいと思います。

よく、同期の女性をいつまでたっても、「鈴木さん」と苗字で呼ぶ人っていますよね。こういう人は、距離を詰めすぎて不快に思われたくない、という心配性な人によく見られる傾向です。

ただし、いったん打ち解け合うと意外と親しみやすいのもこのタイプの人です。逆に、会ったその日から、「モテ子ちゃん」と馴れ馴れしく名前や愛称で呼ぶ人がいますが、こういう人はよほどの自信家か、とりあえず懐に飛び込んでしまおうという大胆な人のどちらかだといえます。

●よく喋り続ける人の心理

ひっきりなしに喋り続ける人というのは、コミュニケーション能力が高く、イニシアティブを発揮するタイプの人が多いです。

また、周囲を楽しませたいという気配りのできる一面もあって、意外と精細な部分もあります。とくに半ば強迫的に喋り続ける人は、相手がつまらないと感じて、自分が嫌われたくないという気持ちから、沈黙を恐れて必要以上に喋り続けてしまうことがよくあります。

みかけとは逆に、意外と神経質だったり、心配性なところもあるので、一人でいるときなどは極端にクールな振る舞いを見せたりすることもあります。

今回のトピックはここまでですが、どうですか?参考になりましたか?

先ほど冒頭でも述べましたが、言葉だけでその人の心理を判断するのには無理があります。しかし、声のトーン、ボディーランゲージなどの心理分析と合わせることで、その人の本質が少しずつみえてくると思います。

« 写真の写り方かた読み取る男の心理 | トップページ | 何気ない話から読み取る男の心理 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406525/36480084

この記事へのトラックバック一覧です: 何気ない言葉から読み取る男の心理:

« 写真の写り方かた読み取る男の心理 | トップページ | 何気ない話から読み取る男の心理 »