« モテル女の条件⑥ | トップページ | 遠距離恋愛は成功しない »

2010年9月 1日 (水)

モテル女の条件⑦

恋のゴールデンルールとは?

最近は、奥手な男性が増えてきたせいもあり、じっと待っているだけではなかなか恋は実りませんよね。

今の時代、大好きな彼と幸せな恋愛ができるなら、女性からの告白もありなのかもしれません。

でも、ちょっと待ってください!

前にもお話しましたが、じつは告白は女性からするよりも、男性からした方が恋愛って長続きするんですよ。ですから、やっぱり告白は殿方から…というのがわたしの考えなんです。ちょっと古いかもしれないですけどね。

それに告白するより、もっと効果的に恋を実らせる3つの法則があるんです!

今回は、その法則についてお話します。

●不自然でも相手の側に近づく

ステキだなと思う人に出会ったら、とにかくその人の近くに寄っていくことです。

物理的な距離が近いほど、顔をあわせるチャンス、会話をするチャンス、触れ合うチャンスは多くなります。つまり、それだけで知り合いになれるチャンスが拡大するわけです。

話しかけるのが恥ずかしくても、とにかく相手に近づくことが恋の第一歩!まずは、相手の視界に入らなければ、恋のスタート地点に立つことさえできません。

好きな人の近くにいれば何かが起こる!この考え方が大切です。

●相手との共通点をつくる

人には自分と似たタイプの人に惹かれる傾向があります。

たとえば、お互いあることに関して同じ考えであったり、趣味が同じであったりすると、その相手に親近感を抱きますよね。心理学では、これを「類似性効果」と言い、相手に対して何らかの同類意識を持つと、大抵の人はその相手に好意を持つようになります。

とくに相手が異性の場合、この傾向はより顕著に表れ、単なる好意から恋愛感情に変わる可能性も高くなります。

話が合う、趣味が同じなど類似性効果を発揮する場面はいろいろあります。まずは、相手をよくリサーチしてお互いの共通点をつくり、恋の突破口を開いていくと効果的です。

中でも、出身地や出身校が同じといった偶然の類似性はチャンス大ですよ!こうした共通点は、話や趣味が一致する以上に親近感を抱きやすく、好意が生まれやくなります。

●好きであることを認識させる

男性も女性も本来、特別な好意を持っていない相手から好意を示されると、その相手を好きになってしまう傾向があります。

心理学では、こういった現象を「好意の互恵性」と呼んでいますが、簡単に言えば、人は自分を好きになってくれる人を好きになりやすいというわけです。

とくに世の中の多くの男性は、女性は受身であると考えていますから、女性からの告白やプロポーズは衝撃的で効果があるのも事実です。

ただし、それだと後々よくないんですよ。男性は相手から告白されて、努力なしに女性を手に入れてしまうと、浮気をしやすくなるのもまた事実なんです。だから告白するのではなくて、好きだと言う気持ちをうまくオブラードに包んで相手に伝えるようにするんです。

たとえば、「今日の試合、カッコよかったね♪」とか、「いいとこあるじゃん!あんたのそういとこ好きだょ」とか、なんとなく遠まわしに好きだという気持ちを相手に伝えていくといいと思います。そうすることで、相手のイマジネーションを掻き立てることができるんですね。

「あいつ、俺のこと好きなのかなぁ?」、そう思わせることができれば、あとは彼に気持ちがあれば恋は一気に加速します。

さて、ここまでモテる女の3つの恋愛法則をお話しましたがいかがでしょうか。あなたにも実践できそうですか?

最初にお話した「不自然でも相手の側に近づく」などは、ちょっと勇気がいるノウハウかもしれませんが、やってできないことではないと思います。3つの恋愛法則は、どれも今からでも実践できる簡単なものばかり。あとは、やるかやらないか、ただそれだけだと思います。

恋愛を難しく考えるよりも、できることから実際にやってみた方が、結果的に恋愛はうまくいくことが多いですよ。

« モテル女の条件⑥ | トップページ | 遠距離恋愛は成功しない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406525/36478548

この記事へのトラックバック一覧です: モテル女の条件⑦:

« モテル女の条件⑥ | トップページ | 遠距離恋愛は成功しない »