« 相手が貰って嬉しい応援メール | トップページ | 写真の写り方かた読み取る男の心理 »

2010年9月 1日 (水)

あいさつから読み取る男の心理

何気ないあいさつから相手の心理を分析する

毎朝、何気なく交わす「おはよう」、「おはようございます」の一言。ちゃんと心のこもったあいさつは、する方もされる方もとても気分が良いものです。

爽やかなあいさつが無理なくできる!これだけで、周囲の反応はよくなるし、男性の好感度も確実にアップします。ちゃんとあいさつができる人とできない人では、3ヶ月、半年、1年と時間が経過するのに伴って、その人を取りまく環境まで天と地ほどの差ができてしまうものなんです。

ところでこのあいさつ。そのしかたから、その人の性格まで読み取ることまでできちゃうってこと知ってました。あいさつひとつをとってみてもちゃんと見る人が見れば、その人の人柄や自尊心、相手に対して抱いている心理状態まで手に取るようにわかってしまうんです。

まぁ、言われてみればそうですよね。私たちも、相手の何気ないあいさつから、なんとなくでも感じのいい人と悪い人の区別くらいはつきますからね。

今回は、このあたりをもう少し細かく観察できる心理分析のポイントを紹介したいと思います。この話は、初対面の男性の心理状態を把握するのにも役立ちますよ。

それでは、3つのタイプ別に見ていきたいと思います。

●腰が引けたような格好でするあいさつ

自分に自信がもてないタイプで相手に相当の警戒心を抱いています。消極的な性格の人が多く、リーダーシップを発揮したり、イニシアティブをとるのは苦手。包容力にはやや欠けますが、相手を受け入れると意外と親身になってくれるタイプです。

●頭を深く下げたりすぐに上げたりするあいさつ

相手の機嫌ばかりを気にする人が多く、その場をいかにうまく取り繕うか考えているタイプです。なにかと調子がよく、5分も経てば相手のことすら忘れてしまいます。表面的な人付き合いはうまく、その場を盛り上げるのは得意。

●アゴを突き出すような姿勢でのあいさつ

はっきりいって、相当の自信家。相手を見下している人が多いです。おこらせると高圧的に攻撃してくるタイプですが、自分より地位が高い人の前ではペコペコ頭を下げることが多いのも事実。仕事はできる人が多いですが、人付き合いはあまり得意ではありません。

今回のトピックはここまでですが、どうですか?参考になりましたか?

こういう人たちとうまく付き合うコツは、とにかく長所を褒めてあげること。相手の自尊心を傷つけないように注意すれば、仲良くなるのはそれほど難しくはありません。

反対にここで紹介した3タイプにあてはまらない人で、あなたが「感じがいい人だな」と直感的に感じるような人は、人間的に理性と感情のバランスが取れている人だと思いますよ。

« 相手が貰って嬉しい応援メール | トップページ | 写真の写り方かた読み取る男の心理 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406525/36480042

この記事へのトラックバック一覧です: あいさつから読み取る男の心理:

« 相手が貰って嬉しい応援メール | トップページ | 写真の写り方かた読み取る男の心理 »