« 行動から読み取る男の心理 | トップページ | 姿勢から読みとる男の心理 »

2010年9月 1日 (水)

くせや仕草から読み取る男の心理

クセやしぐさから相手の心理を分析する

無意識のうちに見せるクセや何気ないしぐさには、その人の本音がよく表れます。

あなたの気になる相手のクセやしぐさをよく注意して観察してみてください。

面白いほど相手の深層心理や性格が見えてくるはずです。

それでは、実際にいくつかのケースを見ていきましょう。

●車の運転でわかる相手の心理

車の運転には、普段は隠されているその人の性格がよく表れます。

たとえば、普段はおとなしい性格なのにハンドルを握ったとたんに荒っぽい運転をする人は、実は攻撃的で自己顕示欲の強いタイプとみて間違いありません。

もう少し具体的にお話しすると、急ブレーキや急ハンドルが多い人はアバウトで全体的に大雑把な性格、無理な追い越しや車線変更の多い人は、負けず嫌いでかなり我儘な性格であると読み取ることができます。

また、これとは反対に周りの車の流れを的確に読み、いつも安定した運転をする人は、自己顕示欲が控えめで周囲との協調性のある性格です。こういう人は、人間関係も安定していて、仕事も効率よくこなします。

ただし、運転が慎重すぎる人は話が別。こういう人は根は真面目でよい人なのですが、どこか神経質でいざと言う時の決断力に欠ける部分があります。

このように車の運転からは、その人の性格がよく表れます。ですが、さすがにあなたの前では相手もなかなか本性を見せないでしょう。そこで、できれば相手が一人で運転しているところ狙って、普段の運転を観察するのが一番よいと思います。

●イスの座り方で分かる相手の心理

相手がイスに浅く座るか、深く座るかでその人の今の心境が分かります。

まず、相手がイスに浅く座る場合は、こちらを警戒してる可能性が高いです。

こうしたイスの座り方は、心のどこかで次の行動に移れる準備を整えており、いつでもその場から立ち去れる状態といえます。あなたに興味がないのか、何か急ぎの用事があるのか理由は分かりませんが、相手がこういう状態にあるときにすぐに本題に入ることはオススメできません。

とくに、告白や相談など重要な話はとりあえず避けておいた方が無難です。まだ、心の準備ができていない人に何を言ってもムダですし、相手からよい返事をもらうことも難しくなります。

それよりも、相手の好きな話題や興味のある話を振って、相手の警戒心を取り払うことに専念しましょう。まずは、相手の気持ちを落ち着かせて、徐々に受け入れ態勢をつくってあげることです。そうすることで、後々本題にも入りやすくなりますし、相手に自分の話をちゃんと聞いてもらうことができます。

それでは、これとは反対にイスに深く座る人はどうでしょう。

もう、言わなくても分かりますよね。イスに深く座る人は、こちらに対して警戒心がなくリラックスした状態であると言えます。

この場合は、話はトントン拍子で進むことが多いので、雑談は早めに切り上げて早めに本題に入った方がよいでしょう。

くれぐれも、ムダ話でせっかくのチャンスを逃がさないように注意してくださいね。

●座る位置で分かる相手の心理

これって、心理学系のホームページやブログでよく目にしますよね。

すでに知っている人も多いと思いますが、パーティーや合コンで自分に対する相手の興味を知る上ですごく役に立つのでお話しますね。

そうそう!この心理分析を使うときには、誰よりもまずあなたが最初にテーブルの席に座っていることがポイントですよ。みんな同時に座ったり、あなたが最後に座ってしまっては、相手の心理分析になりませんからね。あなたが最初に座ること!くれぐれもこの点は注意してください。

ただし、場合によっては座席の位置があらかじめ決められていて、相手に選択の余地がないこともあります。この場合には、多少精度は落ちますが相手の視線がどの座席を見ているかで相手の心理を判断することができます。

それでは、いくつかのパターンを見ていきましょう。

まずは、あなたが座っている真正面の席を選んだ人の心理です。

こういう人は、あなたに対して嫌悪感や敵対心を持っている可能性が高いと考えられます。知り合いであれば、よく意見が対立する人などがここに座ります。

次に、テーブルを挟んで斜め前の席を選んだ人の心理です。

正直言ってこの人は、あなたの存在をほとんど意識していません。つまり、あなたに対してまったく無関心なわけです。

しかし、あなたに対して無関心ということは、言い換えれば嫌悪感や敵対心もないわけです。ですから、相手の興味のある分野や共通の話題をリサーチして、自分の存在を少しずつアピールしていくことで、相手の意識をこちらに向けることができるかもしれません。

とりあえず、簡単には諦めないことです。今は無関心でも、将来どう相手の気持ちが変化するかは誰にも分からないのですから…

最後に、あなたが座っている場所とテーブルのコーナーを挟んで90度の位置に座る人の心理です。

この席を選んだ人は、あなたと気軽に話し合いたいと思っている人です。あなたに対して友好的な心理状態にあるため、会話の進め方しだいでより親密な関係に発展する可能性があります。

もし、この席にお目当ての相手が座ったら、積極的にアプローチしていきましょう。

●意味もなく手元にある物をいじる人の心理

会話の最中、意味もなく何かをいじっている人っていますよね。

よく見かけるのがストローや箸の袋、あとライターやティッシュペーパーなんかも多い気がします。

たとえば、居酒屋やバーなんかでは話をしながらストローや箸の袋をねじったり、丸めたり、破いたり…、やり方は人それぞれなんですが、いじってる人って結構いますよね。それとライターをカチッカチッと開閉させたり、ティッシュペーパーを指でねじったりしている人もよく見かけます。

実は、こういうクセを持つ人には共通した特徴があるんです。

それは、本人も気が付かないうちにイライラがカラダに溜まっているということ。いわゆるフラストレーションって呼ばれるものですね。

心理学的にはそんな内に秘めたイライラを発散するために、カラダが自然にそういう行動を起こしていると言われています。

こういう人に話し掛けるときは、十分注意した方がいいですよ。ちょっとした事がきっかけでキレる可能性がありますから。

とくに、アルコールが入っているときには要注意!大声を出したり、暴れだしたり、泣き出したりすることもよくあります。

こんなときは、あなたがちょっと気を利かせて、相手がストレスを発散できる場所へ誘ってみるのもよいかもしれません。

●ケイタイを片時も手放せない人の心理

最近、結構増えてきましたよね…こういう人‥

私の知り合いの男の子にも、1時間に1回はメールの受信音を聞かないと落ち着かない人がいます。

彼が言うには、以前、何時間たってもメールが来ないときがあったらしく、不安になって自分で自分のケイタイにメールをして、その時の受信音で落ち着きを取り戻したことがあるそうです。

いろいろ調べてみたら、こういう症状の人って確実に増えているらしいですよ。なんでも、一人でいることを極端に恐れるようで、常に誰かと一緒にいたい、コミュニケーションを取っていたいと願う気持ちが非常に強いのが特徴のようです。ケイタイを手放せない理由も、どうやらそこにあるのかもしれません。

携帯の電話やメールは、いつ相手から届くか分かりません。したがって、それを確認してすぐに返事を出すためには、ケイタイを頻繁にチェックする必要があります。

大部分の人は、そんなにあわてて返事を出さなくてもいいのに…と思うでしょう。しかし、彼のような症状を持つ人は、相手に嫌われたくないという強い思念から、自分宛の電話やメールにはすぐに返事をしないと気がすまないのです。

仲間はずれにされたくない…、いつもみんなと一緒にいたい…、一人でいるのはイヤだ…、ケイタイを手放せない人たちは、こんなふうに自分が孤独でないことを必死で確認しているんですね。

また、こういう人たちは友人との情報に少しでも遅れたくないという気持ちも強く、それがますますケイタイを手放せなくっている理由のひとつのようです。

もし、あなたがこういう人を好きになったら、時間の許す限り相手へこまめに電話やメールをしてあげてください。

そうしてあげることで、相手も安心していられるのです。

少々時間は掛かるかもしれませんが、そうやってたくさんの愛を与えながら、相手の手元から徐々にケイタイを手放してあげるほうがよいと思います。

今回のトピックはここまでですが、どうですか?参考になりましたか?

クセやしぐさによって相手の心理を読み取るノウハウは、異性のみならず、あなたの友人、親、兄弟に至るまで様々な場面で役に立ちます。

まずは、身近な場所で試してみてください。なるほど!って思う場面が結構あるはずですよ。それくらい、クセやしぐさには本音が表れやすいんです。

« 行動から読み取る男の心理 | トップページ | 姿勢から読みとる男の心理 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406525/36480130

この記事へのトラックバック一覧です: くせや仕草から読み取る男の心理:

« 行動から読み取る男の心理 | トップページ | 姿勢から読みとる男の心理 »